« 電動鉛筆削りを買いました。 | トップページ | 中山七里『さよならドビュッシー』 »

2010年8月10日 (火)

『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』

ずっと前から気になって、図書館で予約していた『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』の順番がようやく回ってきたので、先日、借りてきて読みました。

刊行されたばかりの頃、私自身はおもしろそうだと思ったけれども、他にそんなに興味を持つ人がいるとは予想せず、のんきに構えておりました。ところが、図書館の予約状況を見ると、すでに十数人の予約が付いており、慌てて行列の最後尾に並びました。(今は100人以上の予約がついています)

着想がおもしろい、と思っていたのですが、小説としても期待以上におもしろい本でした。マネジメントの実際とすれば、現実がこんなにうまく運ぶものではないだろう、という感じはします。しかし、企業経営の指南書に書いてあることを、野球部の運営という全く異なる分野にあてはめていき、プランを一つ一つ実行に移していく女子マネージャーと野球部員たちの取り組みは読んでいて痛快でした。こういう設定で物語るのならば、うまく運ぶのも約束事の内。そうでなければ、おもしろさも半減するというものです。

ビジネスマンが読めば、自分の会社のありかたを考えながら読むことでしょう。高校生が読めば、青春小説として楽しめるでしょう。乱読三昧のオバサン(私のこと)が読めば、主人公と一緒にマネジメントの達成感を味わいつつ、野球ドラマとして「感動」させられてしまったりなんかします。

« 電動鉛筆削りを買いました。 | トップページ | 中山七里『さよならドビュッシー』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235810/36111285

この記事へのトラックバック一覧です: 『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』:

« 電動鉛筆削りを買いました。 | トップページ | 中山七里『さよならドビュッシー』 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

自サイトへのリンク

メールはこちらから

  • 連絡やお問合せにどうぞ