« 能楽らいぶ「光の素足」 見逃した! | トップページ | 片川優子『100Km!』読了 »

2010年10月 3日 (日)

中島京子『小さいおうち』読みました

直木賞を受賞してから、図書館での『小さいおうち』の予約件数はすごいことになっています。私は比較的早くに予約していたので、今くらいの時期に読むことができました。(予約の行列の最後尾の人は、年内には絶対に読めないし、来年中も無理ではないでしょうか)

読みながら、思った以上におもしろい本だと思いました。語り口が古風で、いかにも昭和の初期に生きた人らしい味が出ている、と。読み終えたら、とてもよかった、さすがだというふうに感想を書こうと思っていました。

さて、終わりまで読むと、「とてもよかった、さすがだ」というのは変わりがないのですが、なにか胸がしんとしてしまいました。この感じをどういうふうに解釈して、どう言い表したらいいのか、扱いかねています。

そんなわけで、単純な感想文を書くことはできなくなりました。

絵本の『ちいさいおうち』のことも、全く無関係ではなく、最終章に出てきます。

小さいおうち 小さいおうち

著者:中島 京子
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 能楽らいぶ「光の素足」 見逃した! | トップページ | 片川優子『100Km!』読了 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235810/37062206

この記事へのトラックバック一覧です: 中島京子『小さいおうち』読みました:

« 能楽らいぶ「光の素足」 見逃した! | トップページ | 片川優子『100Km!』読了 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

自サイトへのリンク

メールはこちらから

  • 連絡やお問合せにどうぞ