« 『クリスタルエッジ』続編の読了。 | トップページ | 資料の収集中 »

2010年10月31日 (日)

『火群のごとく』一気に読めました。

ここ数年、あさのあつこさんの本が凄まじい勢いで出版されていて、出たものの5冊に1冊も読んでいないような気がします。10冊に1冊くらいかもしれません。

ただ『火群のごとく』については、内容の片端を聞きつけ、これは是非、読んでおきたいと思いました。幅広いジャンルの作品がありますが、私の好みでは、時代物がなかなかに面白いと思っています。

時代背景は違うけれども、やはり『バッテリー』の作者が書いた少年たちだと、彼らのやりとりを読みながら思いました。樫井透馬の人物像が興味深かったです。

人気が集まれば、ひょっとして続編という話が持ち上がるかもしれませんが、私という読者の希望としては、この作品には続編を書いて欲しくありません。これは、この形で完成していると思うからです。このあとを書けば、サラリーマンになった瑞垣や海音寺の通勤風景を描くようなものだという気がします。

火群(ほむら)のごとく 火群(ほむら)のごとく

著者:あさの あつこ
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 『クリスタルエッジ』続編の読了。 | トップページ | 資料の収集中 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235810/37478205

この記事へのトラックバック一覧です: 『火群のごとく』一気に読めました。:

« 『クリスタルエッジ』続編の読了。 | トップページ | 資料の収集中 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

自サイトへのリンク

メールはこちらから

  • 連絡やお問合せにどうぞ