« 中島京子『小さいおうち』読みました | トップページ | 外出 »

2010年10月17日 (日)

片川優子『100Km!』読了

20代半ばの頃、およそ11時間をかけて45Kmを歩いたことがあります。萩往還という江戸時代の街道を歩くイベントがあって、職場の人たちと参加したときのことでした。

萩往還は城下町萩から山口を通って防府に通じる道で、江戸時代にはりっぱな幹線道路だったのだろうと思います。私たちが歩いたのは、全部が萩往還ではなくて、それ以前とそれ以後も含み、萩の宿泊施設を始点として山口市役所を終点としたものでした。萩往還が防府市にも通じているらしい、というのは後から読んだことなので、当時の知識としては萩往還は33キロくらいだと思っていました。

その後、秋吉台に向けて80Kmを歩くイベントに誘われたこともありましたが、眠らずに歩き続けるなんて私には絶対にできないと思ったのでお断りしました。以後、そういうイベントには参加していません。

さて、片川優子さんの新作『100Km!』を読了しました。表紙を見たとたん、あ、これはあの手のイベントだ、とピンと来ました。100Kmと45Kmでは比べることもできないくらい違いますが、あのときの経験のおかげで、いくらかは共感の度合いが違ったのではないかと思います。

作品としては、歩き続ける話の背景に家庭と家族の物語が展開されますが、それはそれで作品の厚みを増しているとは思いますが、私としては一番おもしろかったのは、歩き続けるイベントそのものの描写です。これこそ、誰もが体験しているわけではなくして作者が体験していることであり、おそらくは、ほんとうに書きたかったことはこれではなかったかと、勝手に想像しています。

100km! 100km!

著者:片川 優子
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 中島京子『小さいおうち』読みました | トップページ | 外出 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235810/37279124

この記事へのトラックバック一覧です: 片川優子『100Km!』読了:

« 中島京子『小さいおうち』読みました | トップページ | 外出 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

自サイトへのリンク

メールはこちらから

  • 連絡やお問合せにどうぞ