« 来年度もよろしく | トップページ | 明日は選挙の投票日 »

2011年4月 5日 (火)

濱野京子『アギーの祈り』読了&感動

数日がかりで『アギーの祈り』を読み終えました。冒頭から引きこまれて読んだので、こんなに日数がかかったのは、単に読書時間の確保の問題でした。

途中で、「こういうことなのだろうな」という設定の先読みはできましたけれども、それは大人の読者なら当然で、謎解き小説ではないのだから、作者としても想定内でしょう。

ただ素晴らしいのはその描き方でした。同じ題材で描くにしても、作者の「祈り」がこめられているから、ここまで感動できたのだと思います。共存共栄への祈り、平和への祈り、子どもたちの未来への祈り。

戦争で難民となった人たちが集まるスサ島で、反目し合う複数の民族の子どもたちを教える女教師アギーが主人公なのですが、非常に今日的な題材がファンタジー風(あまり非現実的要素は強くありませんが)の物語になっています。結末がどういう方向に向かうかは最後まで分かりませんでしたけれども、私としては最上のエンディングだったと思います。

同じ作者の本をもっと読みたいと思いました。ひさしぶりに「出会った!」と思える本でした。

アギーの祈り アギーの祈り

著者:濱野 京子
販売元:偕成社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 来年度もよろしく | トップページ | 明日は選挙の投票日 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

> 同じ作者の本をもっと読みたいと思いました。
> ひさしぶりに「出会った!」と思える本でした。

『トーキョー・クロスロード』も面白かったけど、
私は こうの史代さんのファンなので
濱野京子さんは『天下無敵のお嬢さま!』の印象が強いです。

「銀のさじ」シリーズの『碧空の果てに』は「う~~ん」と思ったけれど、
先日読んだ『白い月の丘で』と繋がってたので
いずれ続けて読み直してみたいな。

『アギーの祈り』も面白そうなので 読んでみますね。

『白い月の丘で』は『碧空の果てに』と繋がっているのですか。
『碧空に果てに』は図書館で借りて読みかけ、「う~~ん」という感じで読み終えずに返してしまった本でした。
このあと『白い月の丘で』を読もうと思っていたのですが、それなら『碧空の果てに』から先に読んだほうがいいかしら?

>『碧空に果てに』は図書館で借りて読みかけ、「う~~ん」という感じで読み終えずに返してしまった本でした。

はははっ。
私は なんかあるんじゃないかと期待して
最後まで読みました。

> それなら『碧空の果てに』から先に読んだほうがいいかしら?

そんなことはないです。
繋がっていると言っても「出てきたな」くらいだから。
まだシリーズとして続くかもしれないし。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235810/39496688

この記事へのトラックバック一覧です: 濱野京子『アギーの祈り』読了&感動:

« 来年度もよろしく | トップページ | 明日は選挙の投票日 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

自サイトへのリンク

メールはこちらから

  • 連絡やお問合せにどうぞ