« 読了『星空に魅せられた男 間重富』 | トップページ | 参考資料ゲット! »

2011年5月23日 (月)

友達の自費出版

友人が本を出しました。児童文学つながりで作家志望者とか本を出すのが仕事とかいう友人ではなく、事務系一般社会人で同じ高校の出身という仲です。

星野もも(筆名)著『森の精から教わったもの 』という自然・環境系のお話です。リンクをクリックしてみてください。なんと、アマゾンのページに飛びます。ふつうにアマゾンの通販で買えるのです。「親ばか」ならぬ「友ばか」になって、吹聴しています。

児童文学志望者の講座などで知り合った友達が出版したとか、作家として地位を確立したとかいうのとは、全然別の感情で、こういう心の動きをおもしろいなと思っています。デビュー前から知り合っていた人は、何十冊の本を出してもやっぱり友達という気がしているのだけど、その人を応援したいという気持ちの中には、いくらかの悔しさとプロに対する批評眼というものが働いています。でも、個人的な友達の本となると、全く違った気分です。

彼女がこういうことを企てていたとは全く知りませんでした。とても精力的に活動する人なのですが、それが本の出版に結びつくとは意外でした。

本文はほとんど会話(対話)です。著者プロフィールに「森にあふれた田舎に住む」「自然からのメッセージを言葉にして伝えたいと願うアースキーパー」とあります。たしかに彼女が住んでいるところから生まれた話だろうな、とその土地を知る者はうなずいてます。

森の精から教わったもの 森の精から教わったもの

著者:星野 もも
販売元:日本文学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 読了『星空に魅せられた男 間重富』 | トップページ | 参考資料ゲット! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235810/40105487

この記事へのトラックバック一覧です: 友達の自費出版:

» 『文例集では書けない超速 ビジネス文書作成マニュアル』 [私の通勤読書メモ]
この本はちょっと驚いた。 仕事柄、文書(企画書、報告書、議事録)を大量に書かねば成らないことがあるだが、例文集の類は買う気になれない。 まず、オリジナルの企画書や報告書で例文集は役に立たないし、例文が欲しければネット上であれば無料で入手できるからで…... [続きを読む]

« 読了『星空に魅せられた男 間重富』 | トップページ | 参考資料ゲット! »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

自サイトへのリンク

メールはこちらから

  • 連絡やお問合せにどうぞ