« 江戸時代の地方史 | トップページ | 文庫版『ギフト』から『パワー』まで購入 »

2011年6月 3日 (金)

石井睦美『皿と紙ひこうき』感想

読み始めて、まだ初めの方を読んでいた頃、私は勝手に想像していました。これはきっと作者が自分の少女時代を素材にして書いたのだろうな、と。

途中でちょっと「あとがき」を覗いてみて驚きました。テレビのCMで見た風景に魅せられ、その土地にこだわりつづけて、取材して書いた作品だったとか。

転校生がやってくるくらいしか事件らしいできごともない田舎で、落ち着いた日常が静かに語られていて、それがとても力強く自分を惹きつけていくのを感じました。アイディアでもなく、ストーリーでもなく、キャラクターでもなく、ほんとうに「文学」の力なのだな、と思いました。

『水底の棺』とか『デルフトブルーを追って』とか『モギちいさな焼きもの師』とか、この『皿と紙ひこうき』とか、私が好きな本にはなぜか焼き物が扱われたものが多いようです。萩焼の産地に育ったことと関係があるかどうか、わかりませんが。

皿と紙ひこうき 皿と紙ひこうき

著者:石井 睦美
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 江戸時代の地方史 | トップページ | 文庫版『ギフト』から『パワー』まで購入 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235810/40239845

この記事へのトラックバック一覧です: 石井睦美『皿と紙ひこうき』感想:

« 江戸時代の地方史 | トップページ | 文庫版『ギフト』から『パワー』まで購入 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

自サイトへのリンク

メールはこちらから

  • 連絡やお問合せにどうぞ