« もう一回、模様替え | トップページ | 配架ミス?と思ったら… »

2011年6月15日 (水)

新書『スマートフォン術 情報漏えいから身を守れ』

読み物系の本を読む傍ら、情報系の本も近ごろはかなり読んでいます。

本格的な難しい本には手が出ませんが、新書などは私にとって手頃で、図書館でよく借りてきます。

読み終えたばかりの『スマートフォン術 情報漏えいから身を守れ』(田淵義朗/朝日新書)は、最近、ちょっと舞い上がって新しいツールにあれこれ手を出す傾向のあった私にとって、ちょうどいい戒めになりました。

「スマートフォン術」と書いてあるけれども、スマートフォンの使い方についての本ではありません。徹底して、ネットの世界で身を守るための本です。スマートフォンはこれから特に危機管理の意識を持たなくてはならない典型的な情報機器として、例に挙げてあります。

私の場合は最初から本名を晒してきました。これは筆名と本名が同じだったからで、自分の著書の話題を語りたいのに匿名では意味がないための、必然的な選択でした。だから、フェイスブックが実名であっても抵抗はなく(登録はしてませんが)、ツイッターも実名が基本かと思ったら匿名の人が多いのね、とあとから気づいたようなことでした。

幸いにして不愉快な人と関わり合いになることはありませんでしたが、これも狭い世界でしか活動していないための幸運だったのかもしれません。

これからも自分なりの情報発信をしていきたいと考えている者として、触発されることの多い内容でした。

スマートフォン術 情報漏えいから身を守れ (朝日新書) スマートフォン術 情報漏えいから身を守れ (朝日新書)

著者:田淵義朗
販売元:朝日新聞出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« もう一回、模様替え | トップページ | 配架ミス?と思ったら… »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235810/40399720

この記事へのトラックバック一覧です: 新書『スマートフォン術 情報漏えいから身を守れ』:

« もう一回、模様替え | トップページ | 配架ミス?と思ったら… »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

自サイトへのリンク

メールはこちらから

  • 連絡やお問合せにどうぞ