« 「ホームページビルダー15」のバージョンアップ版 | トップページ | 郷土資料は県立図書館が一番 »

2011年10月27日 (木)

廣嶋玲子『火鍛冶の娘』読了

デビュー作の『水妖の森』を読んでから、廣嶋玲子さんの次作を待ち望んできました。それ以後、『盗角妖伝』『送り人の娘 』と読み、『はんぴらり』のシリーズも何冊かは読んでみました。でも、どれも私が待っていた「次作」ではありませんでした。

新作『火鍛冶の娘』を読み始めてすぐに、これが待っていた作品だと悟りました。これこそが、私が読みたかった廣嶋作品だったのです。

冒頭から掴まれ、結末も満足して読み終わりました。古代の日本を思わせる舞台ではありますが、ある意味、とても今日的な物語でもあります。

また新たな「次作」が待ち望まれます。

« 「ホームページビルダー15」のバージョンアップ版 | トップページ | 郷土資料は県立図書館が一番 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ココログから来ました。
この作家さん、知りませんでした。
早速読んでみます。
ご紹介、ありがとうございますheart01

コメントありがとうございます。
自分で好きになった本をほかの人にも気に入ってもらえると嬉しいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235810/42680774

この記事へのトラックバック一覧です: 廣嶋玲子『火鍛冶の娘』読了:

« 「ホームページビルダー15」のバージョンアップ版 | トップページ | 郷土資料は県立図書館が一番 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

自サイトへのリンク

メールはこちらから

  • 連絡やお問合せにどうぞ