« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月の記事

2011年11月29日 (火)

『風の海峡』感想

引き続き、吉橋通夫・著『風の海峡』の話題です。下巻まで読み終えました。

この本は、豊臣秀吉が「唐入り」(初めは唐=大明国を侵略するつもりだったが、相手が巨大すぎて不可能だったので、朝鮮侵略に変更した)を企て、2度にわたって朝鮮に攻め込んだ史実を題材とした歴史小説です。

朝鮮人の幼なじみを持ち、朝鮮語にも習俗にも通じた対馬の少年(やがて青年)が主人公になっています。

ようやくにして、こういう作品が登場したんだなあという感慨。これが韓国語に翻訳されたら、向こうの人たちがどう思うか聞いてみたい気持ち(期待と不安と恐れ)。

純粋におもしろい本だったし、それ以上に歴史的な意味もある本だと思います。この素材で、ここまで現場の人たちに視点に立って、しかも読み物として読み応えのある作品が出来るとは、予想外の感動でした。

ただ、最後の章は作品から切り離して、作者の「あとがき」にして欲しかった。書かれたことに異論はありませんが、国語の時間の「作者の意図」みたいになってしまって、せっかくの余韻を味わい損ねてしまうような気がします。

とくに終わりの頁、最後の段落の4行は、ここに至るまでの全編で秀吉の野望に踏みにじられたすべての朝鮮人とすべての日本人の痛みを通して語られてきたことです。こんなふうに直接的な訓示を与えるまでもなく、読者が汲み取るはずではないでしょうか。

風の海峡 下  戦いの果てに

2011年11月26日 (土)

吉橋通夫『風の海峡』(上)を読了

まだ全巻を通して読んでいない状態なので、感想は読了後にしようかと思いましたが、途中で一言コメントしたくなりました。吉橋通夫・著『風の海峡』を上巻だけ読み終えたところです。

こういう作品を待っていました。この題材の歴史小説を読みたかったし、可能ならば自分が書きたかった。でも、書いてもらえたことが嬉しいと思える本でした。

冒頭の「ふたつの国をへだてたもの、それは、為政者がひきおこす戦争だった。」という一節で、「また『為政者=悪玉、民衆=善玉』史観かなあ」と気が滅入りかけたけれども、読み始めるとそんな一面的な作品ではなく、「民衆」の側にも複雑な善悪があり、それが丁寧に描かれていてほっとしました。

詳しくは、下巻を読んでから書きます。読んで欲しい本、心に刺さる本、それでいて読み物としての面白さもある本です。

風の海峡 上 波頭をこえて

2011年11月24日 (木)

GALAXY S2新機種を覗き見

このあいだの休みの日、ドコモのお店でGALAXY S2 LTEのモックを見てきました。今日から後なら実機が店頭に出ていたかもしれませんが、まだ発売前でしたから。

「120gからいきなり130gになって、重さを負担に感じないかな」とか「ダークグレーってどんな色なんだろう、あんまりきれいな気がしないけど」とか思いつつ。

覗いてみると、まずGALAXY NEXUSのモックがどーんと目に飛びこんできました。ひときわ大きい。手にすると重い。

それからGALAXY S2を見ると、他のスマートフォンよりは大きいけれども、NEXUSに比べると可愛いものです。持ってみると段違いに軽く感じました。色も「暗い灰色」というよりは「しっとりした黒」という印象。

重さは実物ではないから参考程度。色も本物と違うかもしれない。でも、サイズはこのとおりなのでしょう。

買うつもりなのか、というとまだ分かりません。ただ、私のような人間にとっては、料金を気にせずにテザリング可能というのが大きな魅力です。WiMAXを1日利用プランにして、ふだんはGALAXYのXi回線からモバイルパソコンにつなぎ、Xiの圏外に出たらFOMAで接続、という風に使えたら、最も安くて最も便利なのでは。

4年間働いてくれたAdvanced/W-ZERO3 [es]と別れを告げるのかどうか、予備の回線として持っておくべきか、いろいろ思い迷っています。

2011年11月20日 (日)

寒い日は読書

昨日は雨でしたが、午後からはそれほど降らず、図書館まつりは賑わったようです。

一転して、今日は晴れ。ただし、風が強く、暖かだった昨日とは比べものにならないほど冷え込みました。

もう11月の下旬なのだから、あたりまえだけど、いよいよ寒くなるんですね。

今日はひたすら本を読んで過ごしました。幕末の歴史書(執筆は明治)『防長回天史』というのは、意外と非常におもしろい本だったと分かったのですが、私の学力が不足しているために、読んでも読んでもはかどりませぬ。

昨日、ひさしぶりに会った人に、「書いていますか」と尋ねられて、「最近は書いていなかったけれど、取材を始めました」と答えられました。ささやかながら、進歩です。

2011年11月18日 (金)

図書館まつりは雨?

先週を例外として、ここしばらく週末のたびに雨が降っているような気がします。それも、かなり身にこたえるような、イベントの進行にこたえるような降り方で。

明日は中央図書館の図書館まつりなんですが。はるばる県外から松田素子さん(絵本編集者)が講演に見えるんですけど。雨のせいで客の入りが落ちたらどうしましょう。

どんな天気でも、足を運ぶ人は間違いなくいるのですが。

今晩のうちに気が済むまで降って、明日は晴れ晴れとした空になっていることを、私が祈っても効き目はないだろうけれど、祈っています。

2011年11月15日 (火)

絵本編集者:松田素子さんの講演

11月19日(土)に、山口市立中央図書館の図書館まつりがあります。その催しの一つとして、絵本編集者の松田素子さんが「絵本の魅力、その世界」と題した講演をされます。場所は中央図書館と同じ建物内にある山口情報芸術センターのスタジオCで、入場は無料です。

松田素子さんは山口県周南市出身の絵本編集者で、山口県岩国市在住の絵本作家松田もとこさんとは別の方です。(間違えやすいので念のため)

せっかくの機会なので、興味のある方はどうぞお集まりください。同時開催として、スタジオCの前で、松田さんが蒐集した絵封筒の展示があるそうです。

情報を整理しますと、以下の通りになります。(図書館まつりのチラシから内容を見て書き写しています。確実な情報をお求めでしたら、各自でご確認ください。私が見ているのと同じチラシも館内にあります)

演題:「絵本の魅力その世界」

講師:松田素子(フリーランスの絵本編集者)

日時:11月19日(土) 14:00~15:30

会場:山口情報芸術センター スタジオC (中央図書館と同じ建物内にあります)

参加費:無料

定員:100名(申し込み不要・当日先着順)

問合先:山口市立中央図書館

2011年11月13日 (日)

県立図書館、しばし休館

県立図書館が明日から3か月以上休館して改装等をするそうなので、直前の今日、駆け込みで県民資料室に引きこもってきました。

とても残念なようでもあるけれど、こんなきっかけがなければ、今でもまだ図書館での調査に取りかかっていなかったかもしれません。他の本を読んでいるうちに3か月くらいは経っていることでしょう。

明治の頃の定評のある歴史書(その復刻版)は、活字が少し古めかしく、句読点が少なくて、一見読みづらそうな印象を受けます。でも、思い込みを捨てて挑戦してみると、すでに言文一致の時代の文章ですから、苦労せずに読めます。

本当に大変なのは古文書ですが、これはきちんと読み解けたら、本にして出版してもいいくらいの仕事になります。県立図書館と同じ建物の中に県の文書館がありますが、図書館と違って気軽に扉をくぐれません。思い込みを捨てて、のぞいてみるといいのかもしれませんが。

12月からは別の建物を借りて県立図書館のサテライト図書館を開館するそうですから、多少の不自由はあっても、資料の利用に支障はないようです。

2011年11月11日 (金)

物語を読みたい

この2、3週間ばかり、心を入れ替えてまじめに歴史資料を読んでいます。県立図書館からも市立図書館からも一度に読めないくらいの本を借りてきて、返却期限と競争で読み耽っているところです。

おかげで前よりいくらか賢くなったようですが、これだけ資料ばかり読んでいると、反動で物語を読みたくなりました。フィクションの世界に渇き、ひどく空腹を感じているようです。体も心も脳みそも、栄養バランスは大切です。

県立図書館から借りあさった郷土資料の精読に目鼻がついたら、今度は長編の歴史ファンタジーでも読んでみたいと思っています。

2011年11月 8日 (火)

読書百遍

近ごろは、まじめに創作活動に取り組んでいます。まだ文章にはならず、ひたすら資料を集めている段階ですが、資料を集める過程て゛、頭の中に人間関係が作られていきます。

1年前に読んだ本をもう一度図書館から借りて目を通していたのですが、いろんなことを見落としていたのに気づきました。ここ数か月探し回っていたことが、1年前に見た本に書いてあったとか、軽く読み流したところこそが大事な情報源であったとか。本は、読み手の学習の程度に合わせて、教えるべきところまでを教えてくれるようです。

インターネットに慣れてしまうと、検索してヒットしなければ無いものだという発想になってしまいますが、思いもよらない結びつきを発見するところにこそ、資料あさりの醍醐味があります。

便利な道具はそれはそれで駆使しつつ、古めかしい本を何冊も並べてあっちのページ、こっちのページと見くらべていくのもまた、デジタルには変えられない便利さです。

県立図書館の閉館に急かされるように、両手で抱えきれないほどの歴史関係書(名著の復刻版や、「市史」「郡史」の類を借りてきました。期限まで、せっせとページをめくる毎日になりそうです。

2011年11月 5日 (土)

鷺流狂言公演 雨の能楽堂

先日書いたように、本日は鷺流狂言保存会の公演がある日でした。これも先日書きましたが、あいにくの出勤日。早々に見学を諦めたのですが、そのおかげで、少なくとも空模様に悩むことだけは免れました。

なにしろ山口は昨日から雨。土曜日も降ると天気予報で言ってました。昔のように教育会館のホールなどで上演するのだったら天気の心配はないのですが、能楽堂であるがためのリスク。遠く佐渡からも保存会の人たちが見えているのだから、雨天中止というわけにはいかないでしょう。

観客も出演者も大変だし、伝統の衣装が濡れたらえらいことではないかと、職場の窓から案じておりました。

関係者の方が発信されているネット情報によると、大きなテントを2つ張ったようですね。お疲れ様です。

2011年11月 3日 (木)

漫画家のタマゴ、ついにデビュー

知人に漫画家を目指して二足のわらじを履いている青年がいるのですが、とうとうデビューが決定し、プロとしての第1作が雑誌に載ることとなりました。

又聞きなので、まだ正確な情報をつかんでいないのですが、明日、11月4日発売の「ジャンプスクエア」の12月号に掲載されるようです。作者が「谷川智昭」になっている作品が見つかったら、それが彼のデビュー作です。題名は把握していないけれども、雑誌名もちょっとあやしいかもしれないけど、名前だけは正確に知っていますから。

プロ作家を志望して書き続けていた20代の頃、身近にこんな友達がいたら良かったなと思う今日この頃です。夢は信じた者勝ち。似たような夢を見ている人間が側にいれば、大望もずっと現実味を帯びてきます。

物書きには定年はないので、スポーツ選手と違って肉体的な限界もあまり関係ないので、若者の後に続いて私も切磋琢磨していきましょう。

雑誌の詳細が分かったら、このブログにAmazon.comへのリンクを貼りまくりますので、クリックしてみてください。(くりっくしても表紙には載ってないだろうけど)

ともあれ、谷川くん、デビューおめでとう!

2011年11月 1日 (火)

郷土資料は県立図書館が一番

2番目によく利用している図書館、県立山口図書館が11月の半ばから2月下旬(予定)まで、館内改修工事等のため、長期の閉館期間に入ります。

今、郷土史に取材した作品に取りかかったところなので、県立図書館の県民資料室が仕えなくなるとかなり手痛い打撃です。長期休館は春から分かっていたことなのですが、今頃になってあわてて図書館通いを始めました。

市立図書館にも郷土資料はありますが、2003年の11月に開館した図書館なので、100年を超える歴史を持った県立図書館とは厚みが違います。それに、どうしても山口市に関する資料が中心になるので、県内の他の地域のことを調べたいときには、県立図書館の県民資料室が一番参考になります。

気のせいか、県民資料室はいつもよりも人が多いような気がしました。駆け込み需要でしょうか。閉館中も「サテライト図書館」である程度の利用は出来るらしいのですが、どんなふうに使えるのか、具体的なことがまだよく分からないので、今のうちに目を通せる本には目を通しておこうと欲が出ます。

子どもたちの歓声が響く市立図書館と違って、県立図書館は静寂で調べ物をするには最適です。あと2週間、後悔しないようにせっせと足を運ぶつもりです。

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

自サイトへのリンク

メールはこちらから

  • 連絡やお問合せにどうぞ