« GALAXY S2新機種を覗き見 | トップページ | 『風の海峡』感想 »

2011年11月26日 (土)

吉橋通夫『風の海峡』(上)を読了

まだ全巻を通して読んでいない状態なので、感想は読了後にしようかと思いましたが、途中で一言コメントしたくなりました。吉橋通夫・著『風の海峡』を上巻だけ読み終えたところです。

こういう作品を待っていました。この題材の歴史小説を読みたかったし、可能ならば自分が書きたかった。でも、書いてもらえたことが嬉しいと思える本でした。

冒頭の「ふたつの国をへだてたもの、それは、為政者がひきおこす戦争だった。」という一節で、「また『為政者=悪玉、民衆=善玉』史観かなあ」と気が滅入りかけたけれども、読み始めるとそんな一面的な作品ではなく、「民衆」の側にも複雑な善悪があり、それが丁寧に描かれていてほっとしました。

詳しくは、下巻を読んでから書きます。読んで欲しい本、心に刺さる本、それでいて読み物としての面白さもある本です。

風の海峡 上 波頭をこえて

« GALAXY S2新機種を覗き見 | トップページ | 『風の海峡』感想 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

面白かったですよね~
今年の一番のオススメかな? とか思っちゃいました。

おもしろかったという声を聞くと、ますます読書意欲をそそられますね。
後半も早く読みましょう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235810/43150791

この記事へのトラックバック一覧です: 吉橋通夫『風の海峡』(上)を読了:

« GALAXY S2新機種を覗き見 | トップページ | 『風の海峡』感想 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

自サイトへのリンク

メールはこちらから

  • 連絡やお問合せにどうぞ