« 『風の海峡』感想 | トップページ | 県立サテライト図書館 »

2011年12月10日 (土)

『防長回天史』を買いました!

幕末の歴史に興味のある人なら知っているはずの末松謙澄の『防長回天史』。マツノ書店からたまに復刻されていますが、2年前に出たばかりなので、まだ当分は次の復刻はないものと思われます。

1年前から幕末の歴史に頭を突っ込むようになった私は、図書館で借りたり閲覧したりしてすませようとしていましたが、とうとう思い立って古書店から全13巻(20年前の復刻版)を購入しました。

今日、段ボール箱で届いたのですが、じつに手厚く(「厳重に」と言うよりも「手厚く」)梱包してあり、さすがに古書店だと感激しました。

「防長」というのは周防と長門のことで、つまり今の山口県。「回天」とは世の中を大きく動かすことで、なんとも手前味噌な題名です。しかし、主観的なのは題名だけで、本文は極めて客観的、偏りの少ない歴史書になっています。

偏りの「少ない」という言い方をしたのは、毛利家の資料を使って毛利家の事業として編纂された幕末・維新史である以上、全く偏りがないと言うことは考えられないからです。

しかし、この歴史書の編纂を中心になって行ったのは、幕末に長州の敵側であった小倉出身の末松謙澄で、その外のメンバーも他藩出身者が多くを占めていました。あんまり公平に書きすぎて事業が頓挫し、毛利家のもとを離れて末松謙澄が自力で仕上げたという曰く付きです。

これまでに第一巻は図書館の本で読み上げ、それ以後も拾い読みをしていましたが、これでは到底読み切れないと悟って、蔵書に加えることにしました。本棚の飾り物にする気はないので、お正月に根性を入れて読破します。

« 『風の海峡』感想 | トップページ | 県立サテライト図書館 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

歴史・哲学・教養」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235810/43331679

この記事へのトラックバック一覧です: 『防長回天史』を買いました!:

« 『風の海峡』感想 | トップページ | 県立サテライト図書館 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

自サイトへのリンク

メールはこちらから

  • 連絡やお問合せにどうぞ