« 2011年に出会った本から(児童文学編) | トップページ | 2011年に出会った本から(文学一般) »

2012年1月15日 (日)

中川なをみ『天游』を読了

『水底の棺』の作者、中川なをみさんの歴史物だというので、大いに期待して読み始めました。正式なタイトルは『天游―蘭学の架け橋となった男』となっています。

ここ数年、くもん出版から『天と地を測った男 伊能忠敬』(岡崎ひでたか)、『月のえくぼを見た男 麻田剛立』(鹿毛敏夫)、『星空に魅せられた男 間重富』(鳴海風)と江戸の天文観測三部作が出ています。登場人物につながりがあり、『天游』もこの流れの中に位置づけられるかと思います。

ただ、天文観測三部作は伝記でしたが、この本は小説、読み物に分類されています。江戸時代後期の人物としては残された資料がごく少なくて、創作しめる割合が大きくならざるを得なかったからでしょう。

少ない資料の中から事実と推測できる事柄を丹念に拾い上げて、ユニークな人物像を見つけ出してくる創作手法には、大いに学ばされるところがありました。

天游も主人公として存在感がありますが、奥さんがまた魅力的です。江戸時代に女医として活躍したというのは、当時の女性としてまれに見るキャリアではないでしょうか。自分の仕事をこなしつつ、無邪気で手のかかる夫を理解し、才能をじゅうぶんに発揮させた賢妻でもあります。

作家、画家ともに時代考証にはずいぶん心を砕かれたことと思います。

  天游―蘭学の架け橋となった男 (くもんの児童文学)

« 2011年に出会った本から(児童文学編) | トップページ | 2011年に出会った本から(文学一般) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235810/43758813

この記事へのトラックバック一覧です: 中川なをみ『天游』を読了:

« 2011年に出会った本から(児童文学編) | トップページ | 2011年に出会った本から(文学一般) »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

自サイトへのリンク

メールはこちらから

  • 連絡やお問合せにどうぞ