« 2011年に出会った本から(文学一般) | トップページ | 2011年に出会った本から(歴史編) »

2012年1月28日 (土)

えっ、「ひかりの素足」論!

ときどきインターネットで自分の名前を検索してみることがあります。この行為には「エゴサーチ」という名前がついているそうで、やっているのは私だけではないと知ったときには、ほっとしました。それまでは、自分が自己顕示欲の塊のように思えて恥ずかしさを感じていましたから。

近ごろはTwitterのあまり広めたくもない、疲れたつぶやきがヒットしたりして、閉口することがあります。

さて、そんなエゴサーチの何ページ目か(つまり余り人が見ないくらいの下位)で、宮沢賢治の「ひかりの素足」についての論考が出てきました。「賢治童話『ひかりの素足』論」と題された、Ku,Chin-Fenさんという中国人か中国系の人の論文のようです。PDFファイルになっていました。

中村稔、天沢退二郎、中野新治、分銅惇作……といったお歴々の論考が参照されていくのに並び、「むしろ和木浩子が綿密な分析を行って、……(中略)……と帰結しているのが最も穏当なところであろう。」などと書いてあるではありませんか。

私は大学の学部の卒論以外に論文など書いたことも書こうとしたこともないけれど、サイト「物語工房」の宮沢賢治コーナーで「「ひかりの素足」の信仰」という文章を載せたことがあります。Ku,Chin-Fenさん(あるいはKu,Chin-Fen先生?)はこれをご覧になったようで、ちゃんとこのページのURLが紹介してありました。

だいじょうぶかなあ、私が書いた物なんかを論文に引用して。他の文章は雑誌や書籍に掲載された出版物ですが、私のは自分で勝手に書いて勝手にアップロードしただけですよ。

和木浩子が研究者ではないということを外国人だからご存じなかったのでしょうか。それどころか、大学院生ですらなく、学部の専攻も近代文学ではなく、ただの賢治童話の読者にすぎません。研究者という人たちは、(私が知っている限りでは、)そういう背景や履歴にすごくこだわるはずなのですが。

しかし、自分の書いた文章が、こんな形で引用されているというのは、ちょっと嬉しかったりします。で、いそいそとブログに書いてみました。

« 2011年に出会った本から(文学一般) | トップページ | 2011年に出会った本から(歴史編) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235810/43905722

この記事へのトラックバック一覧です: えっ、「ひかりの素足」論!:

« 2011年に出会った本から(文学一般) | トップページ | 2011年に出会った本から(歴史編) »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

自サイトへのリンク

メールはこちらから

  • 連絡やお問合せにどうぞ