« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月の記事

2012年5月20日 (日)

バリトン歌手の訃報

昨日の新聞に、ドイツのバリトン歌手、ディートリッヒ・フィッシャー=ディースカウ氏が亡くなったとき記事が小さく載っていました。

中学生の時、初めて自分のお小遣いで買ったLPレコードが彼の歌う「美しい水車屋の娘」でした。3か月分のお小遣いをつぎこんだ買い物でした。

その後も、お金をためて「冬の旅」をゲット。「白鳥の歌」までは手が回らなかったけれど、シューベルトの歌曲集を別に1枚、購入しました。

それまで日本人の歌手が日本語の翻訳で歌う歌曲のレコードは親に買ってもらっていましたが、初めて出会った本格的なリートが、ディートリッヒ・フィッシャー=ディースカウの歌うシューベルトでした。

新聞の記事が小さいことに、少々ショックを覚えました。(亡くなったのは5月18日だそうです)

謹んでご冥福をお祈りします。

2012年5月15日 (火)

古いプリンタをwin7につないでみました

今メインで使っているXPがだいぶくたびれてきたようなので、新しいパソコンに買い換えるのも時間の問題かと思われます。もう7年半(?)くらい使ってきたのだから、買い換えても罰は当たらないだろうし、新しい周辺機器やサービスに対応していなかったり(CPUやメモリが不足していたり)して、あと2年使うのは難しいだろうなと感じています。第一、急に壊れてくれたら、慌てなくてはならないし。

モバイルのVAIO-Xがあるので簡単な調べ物くらいはできますが、プリンタが使えなかったら困ります。XPのパソコンと同時に買った古いプリンタが果たしてwin7で使えるものかどうか、ためしてみることにしました。

キャノンのサイトで調べてみると、どうやらだいじょうぶのようでした。接続するだけでドライバがインストールされると書いてあります。さっそく実験。とても簡単に問題解決しました。

これで、パソコンを買い換えるタイミングでプリンタも買い換えなくてはならないという、間違った心配から解放されました。あとは、インクの在庫調整とプリンタが壊れるタイミングの心配だけ。

それはさておき、周辺機器のほとんどはXP時代のものなので、どの程度のものが次のパソコンに引き継げるか分かりません。メーカーに対応してもらえるうちに、パソコンを買い換えた方が無難かも。

2012年5月 5日 (土)

MNPには無縁です

先月の初め、長らく愛用してきたWillcomのアドエス(Advanced/W-ZERO3[es])の回線を解約して、家族に持たせていたシンプルなPHSを使い始めました。もう一台無料キャンペーンのおかげで、1台分の使用料金を払えば2台を利用できるようになりました。新しい機種を1台買っても、長い目で見ればランニングコストの節約になります。

ところが、手放して初めて実感するアドエスの頼もしさ。いざというときにwebを確認できたり、辞書を引けたり、写真を撮ったりできる道具が一つ鞄の中に入っているというのは、実に心強いことだったのだと知りました。そういうものを何も持たないまま外出するのは心細い感じです。そんなにケータイをいじってばかりいる人間ではなく、何日も着信に気づかないくらいの無頓着な人だったのですが。

こうなると早く新規契約をしたいのですが、最近はMNPの優遇策ばかりが目立って、070を使っていた人間にはなんの恩恵もないようです。新規と機種変更の条件が全く一緒というのが、これから新規契約をしようという人間にとってはしゃくに障るのに、キャリアのHPでは「機種変更でも新規といっしょ」というのを売りにしていて、ますます悔しがらせてくれます。

緊急連絡用には通話とメールができるPHSがある訳だし、ランニングコストが高くて、端末台も高くて、MNPで差別待遇を受けていて、数ヶ月で最新の端末が入れ替わるというところを考えると、決断し損ねています。

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

自サイトへのリンク

メールはこちらから

  • 連絡やお問合せにどうぞ