« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月の記事

2012年6月30日 (土)

萩藩大坂蔵屋敷跡を訪ねて(1)

大阪を訪ねてから1週間。写真の整理などもぼちぼち進んでいるので、萩藩の大坂蔵屋敷を探して大阪市内をさまよい歩いた顛末を、ちょっとだけ語っておきます。

なぜ、それを見ようと思ったかというと、現在書こうとしている歴史物の被伝者が、一時期ここに勤務したはずなので、現地を自分の目で見ておきたかったのです。

もちろん、大都会大阪のことですから、当時の面影を残しているはずはありません。それでも、地図上で見る蔵屋敷の大きさが、自分の足で歩いたらどれくらいの距離に感じられるのか、すぐそばを流れている土佐堀川がどんな川幅で、蔵屋敷とどれくらい離れているのか、そんなことを実感しておきたいと思いました。

これが観光名所になっているような史蹟だったら探すのは簡単でしょう。けれども現在あるのは、そこが蔵屋敷であることを示した石碑だけです。土佐堀川と常安橋が手がかりでした。

River

これが土佐堀川。前方に架かっているのが常安橋です。大名たちが国元の産物を水運で運び込んだというだけあって、川であるとともに、りっぱな水路です。

地下鉄四つ橋線の肥後橋で降りて、少々歩きましたが、大阪市立科学館を目印にすれば、迷うようなことはありませんでした。

ここまでは順調だったのですが、蔵屋敷跡を示す石碑が見つかりません。インターネットで写真を掲載している人があったので、そのページをプリントして持っていたのですが、同じ景色が見当たりません。

このあたりだと言うことは間違いないのだから、目的は果たしたようなものですが、それでもせっかく来たのだから、はっきりとした標識を見ていきたいものです。

さまようこと数時間。そのあいだ屋敷跡と思われる一角を、くまなく歩き回りました。これは地元の人に訊いた方が良さそうだと思いつつ、誰を呼び止めたらいいのか決めかねて、まだ歩き続けます。

やがて、歩いてくるおばさんを発見。いわゆる「大阪のおばちゃん」風の人だったら苦手だな、と思いつつ「ちょっと道をお尋ねしてもいいでしょうか」と声をかけると「分かることならば」という返事が返ってきました。

(つづく)

2012年6月24日 (日)

大阪&大坂の旅

この週末を利用して、大阪市に行ってきました。なんと5年5ヶ月ぶりの県外旅行です。県内でも山口市外には滅多に出かけない「引きこもりライフ」を送ってきたあとなので、旅行支度の勘がすっかり鈍っていました。その割には体力の方は思ったほど落ちていなかったようです。

目的は二つありました。まずは児童文学に関わる活動をしている方々との懇親会に参加すること。もう一つは江戸時代の萩藩の大坂蔵屋敷の跡地を確認してくること。

蔵屋敷そのものが残っているわけではないので、古地図などを頼りに、今の地図と見比べながらとにかく歩き回りました。無駄にずいぶん歩いたけれども、無駄に歩くことで距離感が体に刻まれる気がします。だいたいの位置は間違いないけれども、あるはずの石碑がない、と思ったら、見つかりました。さんざん歩き回った界隈の一角に。

いつかはここを訪れてみたいと思いながら、大坂蔵屋敷跡に行ってみる、というただそれだけのために大阪までの運賃を払うことに踏み切れなかったのですが、名前だけ存じ上げているネット交流のある皆さんが集合されるとあって、この機会に大阪に行ってみようと決心しました。

近々、もう少し詳しく書いてみます。大阪(現代)と大坂(江戸時代)の珍道中のあれこれを。

2012年6月 5日 (火)

『秘密の菜園』読了

後藤みわこ著『秘密の菜園』は出版されたばかりのころ、魚住直子の『園芸少年』といっしょに題名を記憶した本です。たしか同じ年の出版だったと思います。

『園芸少年』の方は出てすぐに読んだのに、この『秘密の菜園』はなぜか手に取るきっかけがないまま月日が過ぎて、先日、遅ればせながら読了しました。書き方も内容も好ましく、もっと早く読めば良かったと思っています。

サカタとタキイの一人称の語りの並べ方のうまさ、それによって読者に見えてくる彼らの勘違いのおかしさ、そして少年たちの人間性が醸し出すゆるやかな気持ちよさ、結末の爽快さ。「巧いなあ」と「良いなあ」がいっしょになって感じられました。

秘密の菜園 (TEENS’ ENTERTAINMENT)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

自サイトへのリンク

メールはこちらから

  • 連絡やお問合せにどうぞ