« 萩藩大坂蔵屋敷跡を訪ねて(2) | トップページ | galaxy noteのケース »

2012年7月10日 (火)

萩藩大坂蔵屋敷跡を訪ねて(3)

(しめくくり)

この話題も、日にちが過ぎて間延びしてきたので、今回で最後にします。

発見した蔵屋敷跡を示す石碑は、交差点のそばの舗道の一角を切り取った区画の木々の間にありました。さらに、交差点を渡ってもう少し向こうに歩いて行くと、薩摩藩の蔵屋敷跡を示す碑もありました。脚の鈍った現代人でも軽々と歩いて行ける距離です。

思いがけず時間をとったので、もう夕方の懇親会が始まるころでした。最後に川や橋の周りの写真を撮って、その後も何度か迷子になりながら、ようやく会場のエル・大阪に辿り着きました。(エル・大阪の建物の中でも迷ったので、さらに遅れてしまいました)

さて、一泊してその翌日。歴史博物館にでも行こうかと思っていたのですが、もう一度、蔵屋敷の通りに行ってみることにしました。

今度は地下鉄御堂筋線の淀屋橋駅で降りました。すると、川のそばに蔵屋敷が立ち並ぶ区域であることを示す立て札がたっています。ここが起点だったのかと思いきや、蔵屋敷跡まではかなりありました。やはり、前日のように肥後橋駅で降りるのが正解だったようです。

観光地には全然行っていないので、傍目には何をしに行ったのか分からないように見えるでしょうが、本人は納得の旅でした。あとはこの体験に蓋を被せて、熟成するのを待つのみ。

Sekihifront

間近で見た萩藩大坂蔵屋敷跡の石碑です。

(この件、終わり)

« 萩藩大坂蔵屋敷跡を訪ねて(2) | トップページ | galaxy noteのケース »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235810/46273199

この記事へのトラックバック一覧です: 萩藩大坂蔵屋敷跡を訪ねて(3):

« 萩藩大坂蔵屋敷跡を訪ねて(2) | トップページ | galaxy noteのケース »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

自サイトへのリンク

メールはこちらから

  • 連絡やお問合せにどうぞ