« 三浦しをん『舟を編む』を読む | トップページ | 探していた情報、発見!(ただし、ささやか) »

2012年10月 6日 (土)

ひさしぶりの本屋

ここしばらく、本屋に立ち寄ることの可能な時間に帰宅していませんでした。たまに閉店前に本屋の前を通り過ぎることがあっても、立ち寄るには遅すぎて、いつも素通りでした。なにか、本屋でしたいこと、見たい物があったはずだ、という記憶が頭をかすめるのですが、思い出せません。

今日はひさしぶりにゆとりを持って職場を出ることができました。そして、まだ職場の敷地内にいるうちに、本屋で見たかった物がなんであったかを思い出しました。『舟を編む』のブックカバーの内側です。

9月に『舟を編む』について書いたとき、コメントで教えてもらいました。どんなことにびっくりしたのか、実物を確認したいと思っていたのでした。買わないつもりで店に入るのだから、迷惑なお客です。そのつもりで遠慮しながら入りました。

予想どおり、ベストセラーだけあって、平積みにしてありました。図書館の本はブックカバーの上からコーティングしてあるので、まさに辞書らしい厚みのある装幀になっていましたが、売り物の本の表紙は意外と普通の紙だったので拍子抜けしました(駄洒落か!)。

そしてカバーの内側をそっとのぞいてみると、なるほど……でした。何かあると知った上で見たので、それほどびっくりでもありませんでしたが。

できれば同じカバーで文庫にして欲しいものです。そうしたら、私は一冊買って、カバーの上からブックコートをかけて読むでしょう。本物の辞書風に見えそうだから。図書館で装備に使う道具ですが、同じような品は文房具として買えるようです。(例えばこういうカバーフィルムです )。予想していたよりも安く手に入りそうですが、一番の問題は、私の手先が不器用だと言うことです。しわしわになりそう。

« 三浦しをん『舟を編む』を読む | トップページ | 探していた情報、発見!(ただし、ささやか) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

昨日やっと『天地明察』を観に行ってきました。
『舟を編む』も『永遠の0』も 映画化されるようです。

コメントをもらってから長らくごぶさたしてしまってすみません。
『天地明察』は楽しみにしているところですが、2年くらいでテレビ放送されるのではないかと気の長いことを考えています。
原作が好きだった作品は、映画を見るのが不安なようでもあり、楽しみなようでもあり……。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235810/47338012

この記事へのトラックバック一覧です: ひさしぶりの本屋:

« 三浦しをん『舟を編む』を読む | トップページ | 探していた情報、発見!(ただし、ささやか) »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

自サイトへのリンク

メールはこちらから

  • 連絡やお問合せにどうぞ