« ココログを選んだわけ | トップページ | 飛騨俊吾『エンジェルボール』 »

2016年7月28日 (木)

失われた時を求めて

岩波文庫のプルースト『失われた時を求めて』を少しずつ読み進めています。今、3巻目のはじめ(「花咲く乙女たちのかげに」)。
題名だけは有名で、読んだ人はあんまりいないという古典の一つだと思います。1巻目を読んでいるときは、「これで、あの有名な『失われた時を求めて』を読んでみた。いい経験になった。誰かがこの本のことを話題にしていても、なんとなく話についていけるだろう」というくらいに思っていました。そして、第1巻を読み終えたのを区切りに、読むのをやめるつもりでした。
ところが、第2巻を読むうちにだんだん面白くなってきました。読み方がわかってきた、というか……、これはストーリーを追いかけて読む本ではなく、ストーリーのある詩を読むような感覚で、フレーズを追いかけていけばいいのだと、つかめてきました。
読むのに飽きたらやめますが、読みたくなったらまた読み進めます。全14冊。先はまだまだ長い。

« ココログを選んだわけ | トップページ | 飛騨俊吾『エンジェルボール』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235810/66731125

この記事へのトラックバック一覧です: 失われた時を求めて:

« ココログを選んだわけ | トップページ | 飛騨俊吾『エンジェルボール』 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

自サイトへのリンク

メールはこちらから

  • 連絡やお問合せにどうぞ