« 飛騨俊吾『エンジェルボール』 | トップページ | 吉野万理子『チームふたり』 »

2016年8月 9日 (火)

奥中康人『幕末鼓笛隊 ―土着化する西洋音楽―』

幕末・戊辰戦争のころに生まれ、以来、各地域で継承されてきた鼓笛隊について、丁寧に論証された本です。
時代劇でおなじみの、維新マーチなどが奏でられるあの鼓笛隊ですが、「官軍」の鼓笛隊といったドラマのイメージと違って、幕府側にも新政府側にもありました。

地域の伝統芸能だという発想から、西洋音楽であるにもかかわらず、スネアドラムでなしに和太鼓、リコーダーでなしに篠笛が寄付されるという、善意の勘違いもあったようです。そのとき、間違いを訂正するのではなく、和太鼓を使って続けるという自由さを、著者はこれも生きた継承の在り方として、受け入れようとします。

音楽についても、歴史についても、かなり本格的に論考された本です。演奏法や鼓譜などの詳しすぎるところは、正直ついていけないので読み飛ばしました。

心に残ったのは、「継承」とは何かを考える、著者の姿勢です。
「幕末維新期に起源をもつ鼓笛隊が、紆余曲折を経ながら現在も活動を続けているということは、まだ生きている証拠であり、それゆえ変化はどうしても避けられない」
「歴史的な正統性や同一性を主張するよりも、はるかに重要なことが存在している」

調査を続けながら、全国各地の鼓笛隊の実態に触れて、柔軟に考えを変化させていく著者の考え方に、この人も生きた学問をしているのだと思いました。

« 飛騨俊吾『エンジェルボール』 | トップページ | 吉野万理子『チームふたり』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235810/67278347

この記事へのトラックバック一覧です: 奥中康人『幕末鼓笛隊 ―土着化する西洋音楽―』:

« 飛騨俊吾『エンジェルボール』 | トップページ | 吉野万理子『チームふたり』 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

自サイトへのリンク

メールはこちらから

  • 連絡やお問合せにどうぞ