« 吉野万理子『チームふたり』 | トップページ | 「ただいま」 »

2016年8月23日 (火)

佐藤多佳子『夏から夏へ』

北京オリンピックで日本チームの400mリレーを見たとき、まるでひとりの人が疾走しているかのような、流れるようなバトンの受け渡しに感激しました。
テレビで放送されるたびに、飽きずに眺めていました。

そのあと佐藤多佳子のノンフィクション『夏から夏へ』を読んで、とってもおもしろくて感動したという記憶があったので、この本は北京オリンピックのときのことを取材して書いたものだったように錯覚していました。
著者は陸上青春小説『一瞬の風になれ』の作者です。

今回のオリンピックでさらに若い世代のチームが400mリレーで銀メダルを獲得したことで、ひさしぶりにこの本のことを思い出しました。
あの心地よい読後感をまた味わいたい、前回の銅メダルのときの記録を読み返したい、と思って手に取ってみました。

結果、私の記憶がまちがっていて、この本に書かれていたのは、その前の年の世界陸上大阪大会のときのことだとわかりました。
そのあと同じメンバーが北京を目指していくのですが。

出版されたのは2008年の7月で、オリンピックの前の月です。
登場する選手たちの活躍がさらに次の世代の選手たちに引き継がれていくことを示唆するような結びは、現在からみると「予言」のようにも思われます。

私が読んだのは白い表紙の単行本でしたが、今は文庫本も出ているようです。

« 吉野万理子『チームふたり』 | トップページ | 「ただいま」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235810/67293784

この記事へのトラックバック一覧です: 佐藤多佳子『夏から夏へ』:

« 吉野万理子『チームふたり』 | トップページ | 「ただいま」 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

自サイトへのリンク

メールはこちらから

  • 連絡やお問合せにどうぞ