« 失われた時を求めて | トップページ | 奥中康人『幕末鼓笛隊 ―土着化する西洋音楽―』 »

2016年8月 6日 (土)

飛騨俊吾『エンジェルボール』

この本を人に勧めていいものかどうか、ちょっと迷うところがあります。
設定はきわめてご都合主義、突っ込みどころ満載。
「子どもだまし」もいいところで、なんで4巻もつきあわされて読んでしまうのか。
何しろ、中年のおじさんが死にかけたときに天使から魔球を授けられて、広島カープの新人投手となって大活躍。でも、その魔球は……。
という話なので、なぜそんな魔球があるのか、とか、天使の正体は、とか、都合がよすぎてばかばかしい限りなのです。
それなのに、第1巻の半ばまで読めばもう引きこまれて全巻読まずにはいられないし、終わりは涙でぐしょぐしょになってしまうという不思議な作品です。
大きな設定は荒っぽいのですが、細かな日常描写は丁寧で、それが作品のリアリティを支えているとも言えます。 子どもたちの存在もいいし、しつこい女性記者もいいし。
広島出身の主人公と長崎出身のライバル選手が広島平和記念公園で会い、がらにもなく(?)まじめに、原爆のことを話題にするシーンもありました。
優れた文学作品とは言えないでしょう。 でも、すてきな読み物です。
カープファンにはぜひ読んでほしい。 野球が好きな人なら楽しいと思う。 そうでない人でも、大前提のご都合主義にひっかかりを持たなければ、きっとおもしろいです。
 
 
飛騨俊吾『エンジェルボール』(双葉文庫)

« 失われた時を求めて | トップページ | 奥中康人『幕末鼓笛隊 ―土着化する西洋音楽―』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235810/67146638

この記事へのトラックバック一覧です: 飛騨俊吾『エンジェルボール』:

« 失われた時を求めて | トップページ | 奥中康人『幕末鼓笛隊 ―土着化する西洋音楽―』 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

自サイトへのリンク

メールはこちらから

  • 連絡やお問合せにどうぞ