« 宮下奈都『羊と鋼の森』 | トップページ

2016年11月30日 (水)

有川浩『だれもが知ってる小さな国』

子どもの頃、佐藤さとるの『コロボックル物語』を読んだ人間としては、見過ごしにできない作品でした。
この人もきっと、愛読者で、たまたま創作者でもあったから、自分なりのコロボックル物語を書いてみたくなったのだろう、と思いながら、図書館の本を予約しました。

正直、それほど期待していませんでした。
先に、有川さんの児童書「コロボックル絵物語」を読んだのですが、作者の気持ちは分かるにしても、この本『コロボックル絵物語』自体を面白いとは思えませんでした。
(コロボックル物語が好きだった女の子の話で、まさに作者の思い出話そのもののように思われます。)
ティーンズや一般成人にも読ませる長編になったからといって、愛読者の郷愁を読まされるだけではつまりません。

ところが、『だれもが知ってる小さな国』は気に入りました。
有川浩さんは本当にコロボックル物語の良い読者だったのでしょうね。
『コロボックル物語』の焼き直しではなくて全く違う物語になっているけれど、佐藤さとるワールドを損なってもいない。ふだんの有川浩ワールドとも、がらりと違う。

時代背景は、たぶん作者の小学生時代くらいだろうと思います。
語り手は、物語のスタート時点で小学3年生の男の子。大人になってからふり返って書いています。『だれも知らない小さな国』のせいたかさんと同じです。おちび先生を思わせる女の子も登場します。
だけど、ここに「はち屋」(養蜂家)という仕事の場をもってきたことで、独自の物語が始まります。

ゲームボーイやテレビ局の番組制作が出てくるのは、『だれも知らない小さな国』とは時代が違うから。
学校の図書館には『コロボックル物語』が置いてあって、たくさんの大人たちが子どもの頃、その本を読んでいる。

最後の種明かしの部分については、
そうか……まあ、そうなるのだろうな……だけど、そうでよかったな……ほっこりして、すがすがしくて、とってもよかった……そうそう、やっぱりそうでなくちゃ……満足。

往年の『コロボックル物語』の画家、村上勉さんが絵を描き、佐藤さとるさんが巻末に「有川浩さんへの手紙」を寄せています。


« 宮下奈都『羊と鋼の森』 | トップページ

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235810/68649776

この記事へのトラックバック一覧です: 有川浩『だれもが知ってる小さな国』:

« 宮下奈都『羊と鋼の森』 | トップページ

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

自サイトへのリンク

メールはこちらから

  • 連絡やお問合せにどうぞ