地域情報

2011年11月15日 (火)

絵本編集者:松田素子さんの講演

11月19日(土)に、山口市立中央図書館の図書館まつりがあります。その催しの一つとして、絵本編集者の松田素子さんが「絵本の魅力、その世界」と題した講演をされます。場所は中央図書館と同じ建物内にある山口情報芸術センターのスタジオCで、入場は無料です。

松田素子さんは山口県周南市出身の絵本編集者で、山口県岩国市在住の絵本作家松田もとこさんとは別の方です。(間違えやすいので念のため)

せっかくの機会なので、興味のある方はどうぞお集まりください。同時開催として、スタジオCの前で、松田さんが蒐集した絵封筒の展示があるそうです。

情報を整理しますと、以下の通りになります。(図書館まつりのチラシから内容を見て書き写しています。確実な情報をお求めでしたら、各自でご確認ください。私が見ているのと同じチラシも館内にあります)

演題:「絵本の魅力その世界」

講師:松田素子(フリーランスの絵本編集者)

日時:11月19日(土) 14:00~15:30

会場:山口情報芸術センター スタジオC (中央図書館と同じ建物内にあります)

参加費:無料

定員:100名(申し込み不要・当日先着順)

問合先:山口市立中央図書館

2011年11月 5日 (土)

鷺流狂言公演 雨の能楽堂

先日書いたように、本日は鷺流狂言保存会の公演がある日でした。これも先日書きましたが、あいにくの出勤日。早々に見学を諦めたのですが、そのおかげで、少なくとも空模様に悩むことだけは免れました。

なにしろ山口は昨日から雨。土曜日も降ると天気予報で言ってました。昔のように教育会館のホールなどで上演するのだったら天気の心配はないのですが、能楽堂であるがためのリスク。遠く佐渡からも保存会の人たちが見えているのだから、雨天中止というわけにはいかないでしょう。

観客も出演者も大変だし、伝統の衣装が濡れたらえらいことではないかと、職場の窓から案じておりました。

関係者の方が発信されているネット情報によると、大きなテントを2つ張ったようですね。お疲れ様です。

2011年10月15日 (土)

鷺流狂言の公演

11月5日(土)に鷺流狂言の公演が野田神社の能楽堂で行われます。

山口、佐渡、佐賀の鷺流狂言が一堂に会しての競演です。これは、何年か前(たぶん2004年くらい?)の山口情報芸術センターでの催し以来のことではないでしょうか。

今回は野田神社の能楽堂が移築されて20年になるのを記念して行われるのだそうです。

家元制度をとっていないため、中央では「断絶」と称されていますが、鷺流はまだまだ生きています。とくに山口の鷺流狂言保存会は若い後継者が育っていて心強いですね。

何度も鷺流狂言に近づきかけたけれども、私自身は保存会の内輪の人間になったことはありません。けれども、中学生の時に演劇部で鷺流狂言の存在を知り、大学で卒論に採り上げ、ふるさとを題材にした短編として「鷺流の旅びと」で春日庄作(しゅんにち・しょうさく)を描き、なにかと気になる存在でありつづけています。

5日はたぶん仕事なんだなぁ。

2011年10月 1日 (土)

国体開会式

山口県で開催される国体が今日、開会式を迎えました。

テレビのニュースでその模様を見ただけで、私自身は参加も見学もしていませんが。(関係があったと言えば、交通規制に引っかかりそうになっただけです)

卓球の石川佳純選手が山口県代表として出場してくれるのがうれしいです。(この人がついこの間まで山口市内の小学生だったとは。)小学校までを卒業しただけでは、山口県出身選手として認められないので、わざわざ活動の本拠地を県内に移しての出場です。

インタビューの中で石川選手が「山口」というときのイントネーションが、東京のアナウンサー風ではなく、山口の地元民と同じイントネーションだったのが、ほんとうに山口の人なんだと感じられて、妙に嬉しかったです。

山口国体のホームページはこちらです。国体のマスコットキャラクター「ちょるる」がかわいいですよ。

2011年9月 5日 (月)

文学講演会「みすゞと中也と山頭火」

地元のフリーペーパーで見かけた情報ですが、山口県文化振興課のサイトでも広報してあったたので、ご紹介します。

詩人の佐々木幹郎氏を講師に迎えて、山口の文学に関わる講演会が開催されるようです。日時、場所、演題は下記のように掲載されていました。

・平成23年9月18日(日曜日)午後2時~午後3時30分

・山口県立山口図書館 レクチャールーム(山口市後河原150-1)

・「詩のことばは、何を救うか?―みすゞと中也と山頭火をめぐって」

無料ですが、申し込みが必要であるようです。山口県の文化振興課へ事前の連絡をどうぞ。

ちなみに佐々木幹郎氏は中原中也賞の選考委員で、関西訛りのある熟年男性です。みすゞと山頭火についても興味をお持ちだとは存じませんでした。現代詩の詩人が童謡詩人や俳人を採り上げるというのは意外です。山口県出身で広い意味の詩人を挙げるとすると、知名度から言って、この3人になるのでしょう。

関係者でもない私が言うのはお節介ですが、「自家用車でのご来場はなるべくお控えください」ということになると思います。

2011年8月22日 (月)

大内氏館跡池泉庭園の一般公開

山口市の中心部にある史跡、大内氏館跡池泉庭園が復元され、今日、式典と一般公開がありました。

私は裏方のお手伝いだったので、庭園を見学したわけではないけれど、その場に居合わせることができました。

事前の課題は熱中症対策でしたが、今日は比較的涼しく、途中からはむしろ雨の方が心配になってきました。朝のうちは照っていたので、一応、帽子をかぶって行きましたが、折りたたみ傘も用意しました。なんとなく怪しい空模様でしたので。

不安的中。式典の途中からぽつりぽつりを雨粒が落ち始め、テープカットの頃から気になるくらいの雨になり、最後には滝のような豪雨となりました。

テープカットがすんだら、そのタイミングで池に水を注ぐという段取りだったので、天気の神さまが手伝うつもりで雨を降らしたのかもしれません。

街中にしてはとても閑静なたたずまいの区域なので、こういう史跡も周囲になじんで見えます。

山口市のホームページに今日の一般公開についての情報が載っています。(その後、削除されていました。)

2011年5月27日 (金)

梅雨入り前に雨続き

中国地方は梅雨に入ったそうですが、山口県はまだ入っていません。天候に関しては、山口県はいつも九州と同じグループです。「山口県を含めた九州」という言い方に、私が日誌で文句をつけるのも、毎年のことになってます。(「山口県は九州の一部ではありません!)

それにしては、よく雨が降っています。昨日も今日も降り、明日もあさっても降りそうです。

雨が降ると、本をビニル袋に入れて抱え歩かなくてはなりません。パソコンを持って出かけたくても、濡れるといけないからやめておこうかという気分になってしまいます。この雨天は台風の影響でしょうか。

梅雨入りの発表はいつになるか分かりませんが、その前に数日の晴天を用意してもらいたいところです。

2011年1月 8日 (土)

雪の中の自転車通勤

屋根からどさっ、どさっと雪の塊が落ちる音がしています。昨日、一昨日の雪が今日の日射しで溶かされているところですが、ときには恐ろしいような音がします。

昨日は雪が路面に積もった中を、無理やり自転車通勤しました。朝は小雪で、家の前の小さな道はともかく大きな道路に出たら大丈夫かと思ったのですが、歩道は積雪のままでした。降り始めたばかりならいいけれど、誰かが踏んだ跡がいびつな形に凍って、そこを通ると滑ったりよろめいたりで、とても自転車に乗っていられませんでした。いつもより早く家を出たのに、これでは大幅に遅刻するのではないかと途中までは本気で心配しました。市内の中心部に近づくにつれて、多少は路面の雪も溶けて、通りやすくなりましたが。

職場の建物の中に入ったのはぎりぎりセーフ、事務室で同僚と顔を合わせたときはぎりぎりアウト(?)という感じでした。寒い中を汗びっしょりになって、全然寒さを感じず、しばらくすると汗が冷えて、ぞっとするほど寒くなって来ました。幸い、風邪は引かなかったようです。

年に1度は通勤に苦労する雪の日がありますが、この冬は寒波がたびたび来るようなので、1度ではすまないかもしれません。雪国の人から見たら、のんきな悩みに思えるでしょうけれど。

2010年12月26日 (日)

明日は積雪か?

今夜の雪の降り方によっては、明日の朝の交通事情が心配な空模様です。年末になって交通事故に遭いたくはないので、明日は少し早めに家を出た方が安全でしょう。考えると、今からもう腰や背中が痛くなってきました。

ところで、テレビのニュース速報で、山口市で震度3の地震があったとテロップが流れたのですが、わが家はぐらりともしませんでした。山口市も合併して非常に広くなったので、どこか市内の離れたところで地震があったのでしょうか。

私は地震には敏感な方で、ほかの人が気づかなくても「弱い地震があった」と言い張り、次の日の新聞に「震度1」と出ているのを確認することがあるのですが、今回は全く何も感じていません。市域が広くなりすぎると、どこのことだか分かりづらいですね。

2010年9月 7日 (火)

台風通過

歩みの遅い台風なので、長く居座られたら迷惑だと心配していたら、午後から急に駆け足になって通り過ぎてくれました。

山口県内でも日本海側は強風に悩まされたようですが、山口市の私が住んでいるあたりでは、それほどの風もなく(台風だからそれなりの風は吹きましたが)、雨が植物を潤してくれて、たいした被害もなくすみました。

このまま台風シーズンが過ぎてくれることを願います。

日本海に抜けてさっさと温帯低気圧になってくれたら安心なのですが、また日本列島に舞い戻ってくるつもりのようですね。災害にならなければいいのですが。

より以前の記事一覧

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

自サイトへのリンク

メールはこちらから

  • 連絡やお問合せにどうぞ